山海堂商店 鎌倉土産・模造刀・レプリカ武器のお店

武器レプリカについて

当店の武器レプリカ品についてのご説明

  1. 武器レプリカ(模造刀、西洋剣、銃)へのよくあるご質問

    Q.斬れますか? 撃てますか?
    斬れません、撃てません。
    レプリカ品に武器としての性能はなく、飾り用に制作されているものです。

    Q. 研いだら切れるようになりますか?
    柔らかい金属(亜鉛合金)を刀身の材質にしていますので、切れるようにはなりません。
    また、研ぐと亜鉛合金の地肌が露出し腐食してしまいますし、
    熱処理を加えると刀身が溶けてしまいます。

    Q. 銃は改造したら撃てるようにできますか?
    できません。 
    外見は銃に見えるようになっていますが、物を打ち出す構造になっていません。
    金属部分も火薬の爆発に耐えられる材質ではありませんので、
    内部構造を含めて0から作り直すレベルの作業が必要になります。

    また、当然ですがそんな物を作れば銃刀法に抵触する可能性が高いです。

    Q. 銃刀法違反になりますか?
    基本的に下記2点を守っていただければ問題ありません。
     1.正当な理由なく携帯しない。
     2.運搬の際は袋や箱に入れて、外観が見えないようにする。

    尚、携帯する正当な理由については、
    「友人に見せに行く」「撮影の小道具として使用する」などでも問題ありませんが、
    「護身用」「ファッション」は携帯する正当な理由になりませんのでご注意ください。

    基本的に観賞用として常識的な扱いをしていれば問題ありませんが、
    武器を模したものですので、公共の場では取り扱いに注意をお願いします。
  2. 日本国外への持ち出し及び飛行機での輸送について

    ・ 基本的に日本からの出国は問題ありません、客室には持ち込めませんのでチェックインカウンターにて預けて下さい。
    ・持ち込み先の国が模造刀や銃レプリカについて規制している場合、
     入国時に税関にて没収されることがあります。
      ※オーストラリア、シンガポールはおもちゃであっても武器形状のものは禁止とのこと。

    お客様からの情報では、ほとんどの国では問題なく持ち込めたとのことですが
    最終的に各国の担当者が判断するため、当店で保証できまねますことをご承知おきください。
    心配な場合は、各国の大使館または税関担当へお問い合わせください。
  3. クレーム/返品について

    ・「お客様都合」による返品は受け付けておりません。
    ・「明らかな初期不良」の場合、ご相談の上対応とさせていただきます。
     ※本件回避のため、購入時に現品確認をしていただいております。
  4. 通信販売について

    現在受け付けておりません。

Access

TEL:0467-22-1357
営業時間
夏:09:30〜17:30
冬:09:30〜17:00
年中無休